FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ラストストーリークリアしました!
110205-1.jpg

はい、ラストストーリークリアしました!

プレイ時間は適度に寄り道をして30時間弱。駆け足なら20時間を切り、サブイベントを消化しきれば40時間オーバーといったところでしょうか。


…という訳で今回は、細かくレビューしていきたいと思います。
なるべくネタバレはしないように気をつけますが、一応ネタバレは困るって人は閲覧注意です。


※戦闘の面白さは格別
ファーストインプレッションの時にも書きましたが、とにかく戦闘が奥が深くて面白い!

110205-2.jpg

このように、ザコ敵も隊列をつくって待ち構えて、アタッカー(物理攻撃)、メイジ(魔法攻撃)、ヒーラー(回復)など役割分担もしっかりあります。闇雲に突っ込んだらフルボッコ確定。
これを味方がどうやって崩すのか。正面から突っ込むか、魔法攻撃で遠距離から崩すか、あるいは柱に隠れて奇襲をかけるか…
(戦闘では基本的に主人公しか動かせませんが、味方に指示を出していって戦闘を進めていきます)
とにかくザコ戦の面白さは他に類を見ないと思います。

個人的にはボス戦は攻略法が限られている場合が多く、色々考えられるザコ戦の方が面白かったかなぁ。
ただあくまでも「比べたら」の話で、十分面白いんですけどね!テンション技(必殺技)を連発させると爽快。


※難易度はやや高め
これも最初の記事で書きましたが、作戦を立てて相手を崩す必要があるので、自然と難易度はやや高めになります。何回ゲームオーバーの画面を見たことか…
特にボス戦は攻略法が限られている上に、終盤は即死級の攻撃を仕掛けてくる奴も多いのでかなり苦労します。
#ラスボスは地獄でした…正直10回ぐらいやり直しましたよ!でも戦闘自体は面白いのでそこまで苦じゃなかったかなぁ。

普通のRPGであれば「レベル上げ」をすれば解決できるんですけど、このゲームの場合レベル上げができる場所が限られていて、これが難易度を押し上げている一因でもあります。
(ラスボスで詰まった場合、直前でセーブしてると戻れずにレベル上げができないので本当に詰みます)
この辺はちょっと救済策が欲しかったかなぁ。


※ボリュームはやや少なめ、でも…
最初に書いた通り、プレイ時間は私で30時間弱。
Wii版TOGでも45時間、ゼノブレイドで85時間という(私の)プレイ時間で比べると、やはりボリュームはやや少なめ、という印象を受けますし、実際私も「あれ、もうラスト!?」と思ってしまいました。
でもその密度がハンパじゃない!中盤以降は怒涛の展開で戦闘に次ぐ戦闘、そしてその戦闘が図抜けて面白いのでとにかく楽しかったです。

また、物語が主な舞台であるルリ島周辺でほとんど完結してしまう(ラストダンジョンもルリ島内)ので、とにかく「コンパクトだけど密度が高いRPG」になってます。
広い世界を冒険するだとか、そういうタイプのRPGではない(それはゼノブレイドの役目?)ので、そういう方向には期待しちゃだめです。
あと、後半は唯一の街であるルリの街も使えなくなる(補給はところどころで可能)など、自由度もそんなに高くないです。これもそういう方向じゃないので悪しからず。
(「自由度が高い=面白い」って考えの人って結構多いですけど、私はそうは考えてませんので…)


※コンパクト、ゆえに
先ほど書いたように、コンパクトながら密度の高いRPGです。
ですがそれ故に、サブイベントやアイテム収集などのやり込み要素は少なめ。一応2周目特典とかはあるみたいですけど、私はゲームを周回するという行為があまり好きではないので…

そもそもルリの街が中盤までしか登場しないので、サブイベントはそれまでに全て済ませておく必要があるというのもやり込みたい人にとっては微妙なところ。初見だと「すぐ戻れるだろう」と思ってストーリーを進めてあれよあれよ…ってことになっちゃいますしね。
(まぁこの辺の要素は2周目でやれってことなんでしょう)

ちなみにラスボス撃破後にようやくルリの街に戻り、そこで再び自由に探索することができます。(そこでとあるキャラに話しかけるとストーリーが進行、エンディングに)
クリア後の世界が自由に楽しめるので個人的には面白かったですが、サブイベントはできなくなっているものが多いので正直やることは多くないです。


※ストーリーとかキャラクターとか
主人公とヒロインはややステレオタイプですが、脇を固めるサブキャラクターが個性豊か。後半は基本的に戦闘の連続で展開も重いですが、それでも楽しい掛け合いが清涼剤になります。
ちなみに黒幕がいるんですけど、勘が悪い人でも途中で「あれ、この人おかしくね?」ぐらいには思ってしまう程度にバレバレです。もうちょいうまく隠せたんじゃ、と思いますねぇ。

最初の記事でも書きましたけど、色使いはやや暗めで、ダンジョンも室内や地下が大半です。最後までそんな感じでした。
正直似たような場所も多かったので、もうちょっとバリエーションが欲しかったなぁ、というのはあります。

ちなみに前回の記事でちょっと書いたオーバーテクノロジーは結局「不思議な力」で終わってしまいましたw
#あと本編とは直接関係ないところで「それはこの世界にないだろ!w」って突っ込みどころがあるのですが…まぁいいか!w


※その他・余談
グラフィックは恐らくWiiトップクラス。キャラクターもしっかり描かれてます。
ただ処理落ちや描画が追いつかないシーンが何度か見られたのはちょっと残念。でもWiiの限界かなぁ。

あとローディングも回数はそんなに多くないですが、長いです。場所によっては10秒以上待たされます。ただ回数が多くないこともあり、私はそんなに気になりませんでした。

以下は余談。
どこか忘れましたけど、ネットのレビューで「戦闘がPSpo2に似てる」と書かれてました。
確かに回避(アナログ+右側のボタン)とガード(Rボタン)のボタンが一致するので、近い感覚で戦うことは可能ですが、それでもやっぱり別物じゃないのかなぁ…とファンタシースターのファンとしては思いますw

あとはラスボス戦がどことなくオルガフロウ(第2形態)な気がしたのは確かですが…あくまでも「気がする」程度の差かなぁ。

ちなみにオマケとしてオンラインモード(協力と対戦)がありますけど、まだやってないです…というか猛者ばっかりなイメージで怖いよ!w


…とりあえずこんな感じかな?
微妙な点を結構挙げましたけど、大きな欠点がある訳ではなく、賛否が分かれる点はありますが好みの問題で済む感じ。ハイレベルにまとまった良作でした。


ちなみに次の新作はPSpo2i。これはまぁあっちのブログで書くからいいとして、その後は…たぶん4月のあれかなぁ?
それまでネタをどうしよう…また長い間ほったらかしたらごめんなさい!

その他ゲーム | 【2011-02-05(Sat) 18:14:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
カウンター

カテゴリー
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
チャオ~な解析。

チャオ~な解析。


Created by ホップスター

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。